肌極のトライアルセットを、実際に体験してみました〜♪

肌極の酵素洗顔と美容液と化粧液のパッケージ

 

米肌と同じライスパワーエキスが凝縮した肌極を、実際に体験してみました☆肌極は、20代からアラサー世代の女性を意識した、乾燥肌に対応したシリーズなんですね。

 

姉妹シリーズである米肌とは対照的に、美容液と化粧液だけでケアするシンプルな2ステップ構成。話題の酵素洗顔も合わせて、米肌との使用感の違いなど実体験の感想を口コミします♪

 

 

米肌

肌極

 

肌潤化粧水の120mlボトル

肌極み化粧水のボトルデザイン

主な対象年齢

30代〜

20代中心

主な対象肌質

乾燥肌

乾燥肌

特徴・特色

無着色・無香料

鉱物油フリー

無着色

基本ステップ

洗顔→化粧水→美容液

    →保湿クリーム

美容液→化粧液

主要成分

ライスパワーNO.11

ライスパワーNO.11

 

CMでも話題の、酵素で洗うつるすべ素肌洗顔料〜♪

酵素洗顔料の1回の使用量とパッケージデザイン

 

肌極の洗顔料にはフォームタイプもありますが、やっぱり気になるのはこの酵素洗顔☆サラサラとしたキメの細かいパウダー状で、クリーミィなホイップが毛穴の奥の汚れまで優しく落としてくれるんです。

 

使われている酵素というのは、プロテアーゼとも呼ばれるタンパク質分解酵素で、肌表面に残った古い角質をくっつけているタンパク質を分解する働きがあるんです。この酵素の自然な作用で、余計な皮脂や汚れがスルッと落ちるんですね♪

 

肌極の酵素洗顔パウダーのテクスチャを確認している様子

 

写真に写っているのが、ちょうど1回分の使用量。サラサラとした繊細なパウダーで、少量のぬるま湯と一緒に軽く揉み込むだけで、キメの細かいホイップがつくれます☆

 

すっきりとしたシトラスの香りも良いですね〜。

 

酵素洗顔料を泡立ててホイップをつくった様子

 

すごく軽いテクスチャのホイップで、指先に力を入れて洗わなくても、皮脂汚れがどんどん浮いてくる感覚♪

 

洗い上がりは、しっとりというよりさっぱりという感じでしょうか。小鼻のザラつきもなくなって、全体がつるつるすべすべに☆

 

ただ、もこもこホイップに包まれて洗う感じではないので、ホイップの弾力や泡立ちを気にされる方には、ちょっと物足りないかもしれません。

 

その後のケアは、美容液と化粧液のシンプルな2ステップ♪

肌極の美容液の中身と肌触り
肌極の基本となるステップは、美容液と化粧液の2ステップなんですね。夜のスペシャルケアに使用する高保湿クリームも提供されていますが、基本はこの2つになるんです。

 

濃厚なライスパワーエキスがたっぷりで、シンプルでも肌本来のハリが蘇るんです☆

 

内側にまでしっかり潤いを届けてくれる美容液♪

肌極の美容液の使用量と配合成分
肌極は、美容液で肌を整えた後に、化粧液で潤いを閉じ込めるんですね。美容液はすごく濃厚で、美肌成分がギュッと詰まっているのを感じます。

 

素肌の内側までしっかり届いている感覚で、しっとりした保湿感が生まれるんです♪たっぷりつけてもストレスを感じないので、何度も重ね付けしたくなる心地良さですね。

 

全体がキュッと引き締まってハリが生まれる化粧液♪

肌極の化粧液のテクスチャとボトルデザイン
化粧液にはジェルと液体の2種類があって、私は液体のものを体験しました。こちらもトロみのある濃厚な化粧液で、少量でも全体がキュッと引き締まるんです☆

 

ふっくらとした柔らかい弾力も生まれて、指で触れるのがすごく心地良くなるんですね♪潤いをしっかり閉じ込める感覚で、一日中もちもち感が持続するんです。

 

たるみがちの肌に、本来のハリが戻ってくるんです♪

肌極のブランドコンセプトと基本ステップ
肌極はシンプルなケアなんですが、使う度に肌が引き締まってくる感じ。過敏な私の肌にもすごく優しくて、安心してたっぷり使えます。

 

米肌と実際の使用感を比較してみても、ふっくらとしたハリ感は変わらないと思います☆

 

米肌と肌極のトライアルセットの全アイテム
ただ、洗顔やクレンジング・パックなどシリーズ内のアイテム数が少ないので、トータルにライスパワーでケアしたい方には米肌がお勧めかなと思いますね。

 

価格はやや高めの設定になっていますが、ライスパワーエキスの美肌効果をよりしっかり体感できるシリーズなんです♪

 

私の米肌体験レビューはこちら